ガリバー

ガリバーの車査定を簡単にする方法〜高額買取も狙えます〜

 

ガリバーの車買取について

 

ガリバーは言わずも知れた買い取り業者大手です。

 

1994年創業以来、売却主の高い評価で今では年間20万台の車買い取り実績を誇り、その買い取り実績は業界トップクラスと言えるでしょう。

 

 

全国に400店舗展開という営業規模で、車検等の際に気軽に訪れられることから地域に根差した営業スタイルであることに加え、独自の管理システムにより買い取りした車をわずか2週間で再販、もしくはオークションに出店させることで在庫管理コストを抑え、より高額な買い取りを可能としています。

 

 

また累計300万台の査定実績から蓄積された査定ノウハウでメーカー車種問わず適正を算出することを可能にしています。

 

査定は通常の「プラスはなかなかしないがマイナスはしっかりする」といったスタンスと異なり、「いいとこ探し」のスタンスで行われ、数多くの買い取り実績を持つガリバーだからこそ、見つけられる車ごとの細かいニーズや人気ポイントを押さえることにより、査定額をプラスしていくことができます。

 

これらの理由が創業以来ガリバーが選ばれ続けてきた理由です。

ミラージュディンゴ(三菱)とは

 

ミラージュディンゴ(三菱)とは、
三菱が過去に生産と販売を行っていた小型乗用車です。
ディゴンベースのミニバン「ディオン」も販売され、
ディゴンは同社の軽トールワゴンの「トッポBJ」と
ほぼ同時期に開発されました。
そのため、デザインなどが一部酷似しています。
ミラージュディンゴは、名を冠していますが、
5代目ミラージュのベースにはなっておらず、
新開発のプラットフォームが採用されました。

 

 

 

ミラージュディングは、1999年1月4日に登場しました。
個性的なランプをが特徴となっていました
(異型丸型マルチリフレクタ2灯式フロントヘッドランプ)
同年3月23日には、特装車である「マーブル」が設定され、
“赤ちゃん見えるミラー”など、
子供を乗せたときの乗りやすさが重視されました。

 

 

 

マイナーチェンジは、同年12月10日。
フロントグリルのデザインが変更されたり、
14インチアルミホイールの採用、リヤパワーウィンドウを採用するなど、
いくつかの点が変更されました。
2度目のマイナーチェンジは、2001年2月2日。
フロント・リヤのデザインが大幅に変更されました。

 

 

また、ボディカラーに、
・デライトグリーンパール
・ローズレッドメタリック

 

 

の2色が追加されました。

 

自動車 下取り

買取業者について

ガリバーの査定の特徴をまとめています。ガリバーはどんな買取なのか知りたい方はぜひご覧ください。また、高額買い取りを狙いたい方も参考にしてください。